現状ベスト、Dixnaケーブルストッパーテープ

IMG_2035ドロップハンドルにケーブルを巻き付けるのにアレコレいろんなテープを試してみたが現状ベストはコイツ。各社ともシフト、ブレーキともに巻き込む様になったがバーにキッチリ沿わせないとトラブるのにクセがあったりブラケットとハンドルバーの相性がイマイチだったり、電動も増えてきた事もあってただ単に仮止めであれば良かったのが機械的強度もあった方が良いという時代になった。
さらにTTバイクやカーボンバーが一般的になったりで引き回しのやっかいなケースが増えたりしたがそれでもどうという事は無い、そういえるメカニックでありたいですなぁ〜。
一方でこういう事ってのは地味でお客さんからは評価されない。なんせトラブんないだけだから評価などされるわけが無い。
地味すぎるこのテープも盆が明けたら販売分も含めて再発注、バーテープ巻きが好きでたまらん方はドゾ!

One thought on “現状ベスト、Dixnaケーブルストッパーテープ

  1. akira
    2013/08/18 at 6:37 午後

    最近、このブログを知り、参考にさせてもらってます。
    自分と同じことを考えている人がいるんだな~と思いました。
    私は収縮性のないアルミテープを使用してみて調子良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。