雑記

BatEye 自転車 用 ドライブレコーダー運用中

IMG_9624BatEyeアクションカムGoPro
先月からSONYのアクションカムに変わって無名メーカーのを使用している。SONYのはバッテリーが1時間〜1.5時間しか持たないので長距離ランでは難あり。物色していたところ「FLY12」ってのが7時間くらいはいけるってことなのでいいじゃんって思っていたんだけど値段が高い。それで性能的にGOODなら問題ないんだけどビミョーな雰囲気。ユーチューバーたちがベタ誉めしてるってのも胡散臭い。どうせ胡散臭いんなら(失礼)無名メーカーのをってんでBatEyeってのを買ってみた。BatEyeは9千円くらい(1/26日現在アマゾンでは売り切れ)。FLY12は3.4万円くらいだから値段が違いすぎるぜ!
性能的にはまあ満足、特に問題無く動いている。手ぶれ補正が無いんだけどメットに付けたからこれも問題なし。やっぱり代理店通すって時代遅れじゃないのかなぁと思っちゃうよね。

54歳になりました、

IMG_9280
22日が誕生日なので毎年夏が終わるころに誕生日が来るのです。涼しくなってきたなぁというのと夏が終わってしまうという気持ちがゴッチャになって複雑です。去年は渡米中に祝ってもらったのであれからもう一年たったんだねぇ〜、あと6年で還暦  人生一周しちゃうのももうじきって事だわな。さてこの一年をどう使うかじっくり考えてみましょうか、

TNI SPEEDPULLEYスピードプーリー (11T×15T)試験中

ビックプーリー否定派の飯倉だが使っていもしないのにってのもなんなんでTNIから安い(1.5万円くらい)の出てるんでお約束の流星号に突っ込みますた。写真左ははずしたノーマル。
対応してるのは現行のデュラ&アルテってことになってるんですが流星号は旧規格の9Sなので現行のとはまるっきり互換性がありません。そこでイッコ前のアルテにインストールできるだろうとやってみたら案の定全く問題無く付きました。そもそも11S用ってことになってますが9Sで使って全く問題無いです。
で、60kmほど走ったんですが効果のほどはまるっきり体感できてないですな、当たり前ですが。ケージとかプーリーとかを交換しなきゃいけない場合にシャレで付けるんならいいかもしれんです。で、飯倉の注目ポイントはプーリーの耐久性。この手のアルミプーリーの欠点はガンガン削れてくってとこなんですがビックプーリーって事は回転数は少ないですからその分耐久性はあるはず、2000kmくらいは問題無く使えるんじゃなかろうかと思っています。サイコンの積算距離もリセットしたんで粛々とテストしていきます。
IMG_7521TNI SPEEDPULLEYビックプーリー

最近の飯倉愛用アマンダ

IMG_6838アマンダ25年間変わってないと言いつつ実はビミョ〜にパーツ交換している飯倉のアマンダ。スピナッチ(しかもライト)を取り付けて拓けたストレートで速度を上げられる様にしてある。スピナッチの下の黒い物はSPのダイナモライト。アマンダも通勤で使ったりするんでハブダイナモが便利だわ、
じつはマビックGP4+74デュラハブのフロントホイールの延命をしたいという考えもあってフロントだけでもホイールを変えたかったんだわ、リムはリフレックス。GP4よりやや幅広だけどそれ以外は使用感に不自然さを感じない。
アクションカムはハンドルバーに着いているけどやっぱりヘルメットの上に付けるのが最強だよな、ウンウン。

久々にLOOKのクリート交換

IMG_6818ロード用のシューズは2足もっているがどちらも旧式LOOK規格、ケオに切り替わってずいぶん経つが未だに旧式クリートもデリバリーされているんでありがたい。もしかして10年ぶりくらいの交換じゃなかろうか??
SPDシューズも3足もっていて普段使いの流星号はこっちなんでLOOKクリートはなかなか減らない。そもそも自転車乗る時間ずいぶん減っちゃったしな。
最近売ってる旧規格(デルタ)クリートはあっちこっち改良されてるんだな、使ってみるとなるほどいい感じ。自分用にあと1セットストックしておこう。

飯倉の与太話2015秋をアップしますた、


シマノ新製品発表会のご報告と最近行ったレジャー施設3カ所(ディズニーシー&ホテル­ミラコスタ、ホテル三日月竜宮城、よみうりランドプールWAI)の所見をツラツラと。­まだまだアップしたいネタがあるんだけど時間がなかなか取れず冬をやる前に何にするか­なぁと考え中でござる。子供乗せママチャリ続報、飯倉自衛官時代のあんな事こんな事、­ロードバイク最新事情と近未来予想、飯倉の個人的IT事情っとまあ今思いついたのがこ­の位。忘れかけてるネタもたぶん2〜3有りそうな、

流星号のディクローターを160から203mmにしてみた

IMG_6644毎度おなじみ流星号のディスクローターは今までずっと一般的な160mmだった。特に不満も無く効き過ぎという事も無いと感じていたのだが先日作ったドッペル560で203ローターが使えなくて悔しくもあり流星号で試してみようということになった。
単にマウントアダプターを取り付けるだけで規格変更できるので作業自体は簡単だ。
最初に付けてみたのはシマノ純正品ローター。なんか違和感有るんで写真のダイアテックのウェーブローターに変更。
オオっ!なんか良いな、効きが明らかに良い 強力に効くんだけどコントロールも出来ている。ってかローター変わるだけで特性変化し過ぎだわ。
今後ロードレースの世界でディスクが一般化しちゃうとニュートラルから借りたホイール使う時には最初のコーナーでパ二くる選手続出かもね、