設計意図が判らない造形

b1550132.jpg 英式バルブ(ママチャリとかの)をフレンチに変換できる小物があの・・ヘンテコ小物を多数出しているVivaから発売されたのですよ。
 で、さっそく発注して試してみました。なんとなく怪しい造形だなと思っていたら案の定、HIRAMEでもTOPEAKでも空気が漏れる。


 なんでネジ山をこんなに長くしたんだろうねぇ~???
 結局ピタッと入るのはバルビエリの携帯ポンプだけ。しかたないのでエクステンションを付ける時に使っているコンプレッサーとかに使うテープ状のエア漏れ防止を巻く事に。
 なんでこうなるかなぁ???

 ちなみにバルブ自体に抵抗が若干あるらしくポンプのメーター読みはあまり正確にはなっていそうにないです。

 お客さんにはお勧めできない品をまた在庫する事になりました \(>ω<) 

2 thoughts on “設計意図が判らない造形

  1. なんとなくクリステル
    2011/07/31 at 11:52 午後

    いつも、拝見しております。
    パナレーサからは英式→米式の変換バルブが発売されましたよ。
    こちらは、完全に米式のバルブにしてしまうので、大丈夫かと思いますが、果たして実用性は…

  2. 2011/08/04 at 5:57 午後

    > パナレーサからは英式→米式の変換バルブが発売されましたよ。
    > こちらは、完全に米式のバルブにしてしまうので、大丈夫かと思いますが、果たして実用性は…
     こっちも試しています、完全に米式になるので後からゲージで測定も出来ます。でも重量がけっこうあってホイールの重量バランスはやや崩れます。ママチャリだから無視できる範囲内ですが、
     今撮影中の作品にも登場しますのでこうご期待!

saimen へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。